おれおれ詐欺とも呼ばれていた振り込み詐欺の手口はどんどん巧妙になってきています。

様々な詐欺の手法-知らなきゃ危ないその巧妙な手口とは?

MENU

詐欺の手口

 

詐欺といってもたくさんの詐欺があります。また、詐欺の手口はどんどん巧妙になってきています。
詐欺に一回引っかかってしまうと同じような詐欺の話がまた来る可能性もあります。詐欺に引っかからないようにするために、詐欺の手口を知っておく事が大事です。

 

振り込み詐欺

振り込め詐欺に戸惑うおばあさん

以前は「おれおれ詐欺」とも呼ばれていた詐欺です。
振り込め詐欺の最初は「会社のお金の入ったかばんを落とした」などの文句からはじまり、「お金をなくしたら会社にいられない」とか「早急に弁償しなくてはならない」といい、電話相手の不安をあおる事で現金を振り込ませるものでしたが、近年の振り込め詐欺は、かばんを落とした電話の後に警察や会社を名乗るところから電話があり、相手に真実だと信じ込ませるなど、「劇場型」ともいえる手口になってきています。

 

振り込み詐欺の中には口座にお金を振り込ませるものだけではなく、田舎から東京に上京させて現金を手渡しで渡させる「上京型」、家まで現金を取りに来る「訪問型」、レターパックなどで送付させる「送付型」などがあります。

 

本人に連絡を取らせないように「携帯をおとした」などといわれる事がありますが、まずは冷静になって、本人の職場や携帯に連絡を取るようにしましょう。
また、怪しいと思った場合はすぐに警察に連絡するようにしましょう。また、すぐに現金を用意しないようにする事が大切です。

 

上手い儲け話はない

「これに融資をすると何倍にもなって返ってくる」とか、「これをすれば必ず儲けられる」などのおいしい話を信用させて金銭を騙し取る詐欺がたくさんあります。
詐欺師は大抵口がうまく、被害者を信用させるのが上手です。まずはこういったおいしい話には乗らないように注意しましょう。
業者が実在しているか、大手の業者を名乗っている場合、本人が実在しているかを確認する事も大事です。