送信者になりすましたメールを送り、個人情報を不正に盗むのがフィッシング詐欺です。

様々な詐欺の手法-知らなきゃ危ないその巧妙な手口とは?

MENU

ネット詐欺に遭ったら

 

スマートフォンが普及し、インターネットをさまざまな人が使用するようになり、以前よりもさまざまなネット詐欺が横行するようになりました。
ネット詐欺あったらどのようにするべきなのでしょうか?

 

ネット詐欺の種類

 

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、銀行やクレジットカード会社などになりすましたメールが送られてきて、記載されているURLに誘導してそこから暗証番号やクレジットカードナンバーなどを記入させ、個人情報を不正に盗む詐欺のことです。

 

この詐欺に遭ってしまうと、銀行口座やクレジットカードから不正出金されたり不正利用されたりする可能性があります。そもそも金融機関がメール送付でこれらの個人情報を入力させるようなことはありません。
フィッシング詐欺に会った場合は、早急にクレジットカード会社や銀行に連絡を取る事が大切です。
また、警察に被害届を出すようにしましょう。

 

ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺イメージ

主にアダルトサイトや出会い系サイトなどで、サイト内のどこかをクリックしてしまうと、強制的に金銭を請求する画面になってしまう詐欺のことを言います。
画面にIPアドレスが記載されている場合がありますが、IPアドレスで個人が判明する事はありません。こういった表示が画面に出ても無視して消してしまいましょう。
中にはウイルスが入っており、画面が消えないようになっている場合もあります。そういった場合は専門の修理店に相談をしましょう。

 

ネット通販詐欺

代金を支払ったのに商品が届かない、届いた商品が表示されていた商品と違う、などのネットショッピングやネットオークションで遭ってしまう詐欺のことです。
まずは早急に警察に被害届を出すようにしましょう。また、振込み先の銀行に相談することも大事です。
銀行に相談すると、詐欺に遭った口座を凍結してもらえるか、振り込んだお金を相手の了解のもとに返金してもらう事が出来ます。