架空請求先に連絡を取ってしまうと、「払わなかったら裁判しますよ」の一点張りです。

様々な詐欺の手法-知らなきゃ危ないその巧妙な手口とは?

MENU

架空請求詐欺とは

 

架空請求詐欺とは全く見に覚えのない商品や事柄をなのに金銭を請求してくる詐欺です。
一昔前は使用した記憶のないサイトからメールや手紙などで請求が来る「振り込め詐欺」などが有名です。

 

メールや手紙で来る脅し文句は「○日以内に振込みがない場合、裁判所に訴訟手続きをする」などで、連絡を受けた人が不安になるような内容が書かれています。
しかし、このような架空請求は放置しておけばなんの被害にも遭いません。

 

逆に連絡を取ってしまうと、どんなにこちらが「見に覚えがない」と反論しても「払わなかったら裁判しますよ」の一点張りです。脅しに負けて支払ってしまうと、数々の架空請求が届く事になります。

 

また、近年の架空請求詐欺は、架空請求であっても本当に裁判所に訴えを起こすこともあります。
もしも手元に裁判所からの呼び出し状が届いたら、まずそれが「本物」であるかどうかを確かめましょう。
裁判所からの呼び出し状は「特別送達」で届きます。

 

焦って電話をかける被害者

これは郵便局員から「郵便送達報告書」にサインを求められます。封筒に「特別送達」とはんこが押してあるだけで郵便ポストに普通に入っているようであれば、それは偽者です。
それでも本物かどうか不安になったら、記載されている裁判所の電話番号をインターネットなどで調べ、裁判所に直接確認してみるのもよいでしょう。

 

決して記載されている電話番号に問い合わせてはいけません。
偽者である場合、偽の呼び出状を送付したところに電話がつながり、脅される危険性があります。
もしも呼び出し状が本物だった場合、これを無視してしまうと、たとえ架空請求であってもお金を支払わなければいけない事態に陥ります。
そのため、早急に消費者センターや警察に連絡をしましょう。裁判所に出廷する必要があるのであれば、きちんと自分の言い分を伝えるようにしましょう。