詐欺は大昔から行われており人を騙して利益を得る不届き者はいつの世にも存在しています。

様々な詐欺の手法-知らなきゃ危ないその巧妙な手口とは?

MENU

そもそも詐欺とは?

詐欺とは人の歴史だと言い換えることもできます。
人間を知恵を持ってからと言うもの、人を騙して利益を得ている不届き者は絶えることなく今に至ります。
今では詐欺師と呼びますが、一昔前ではペテン師と呼ばれていました。

 

積極的に偽りの情報を告げ、相手が不利益を被るのを知っていながら騙すことが詐欺となります。

 

詐欺と呼ばないだけで、実は身近にも詐欺に該当する行為は蔓延しています。

 

例えば借りパクと呼ばれる、他人から物を借りたまま返さないのも詐欺となります。

この時、最初から返す気が無かったのか返すのを忘れていただけなのかが争点になりますが、詐欺と判断される可能性は十分にあります。

 

詐欺とは個人を対象にするだけでなく、時に企業をもターゲットにしています。

  • 融資詐欺
  • 小切手詐欺
  • 保険金詐欺
  • クレーム詐欺

などが該当します。
特に身近なものとしてはクレーム詐欺が挙げられるでしょう。

 

購入した商品に何も問題が無いにも関わらず、異物が混入していたとして商品の弁償と謝礼金を要求するのは詐欺なのです。
なぜ詐欺になるかと言うと、積極的に虚偽の報告を行い、それにより相手が不利益を被ると知っていながら、商品や金品を要求するからです。

逮捕

 

こうした詐欺が発覚すれば逮捕となり刑事罰を受けることになります。
(詳しくは詐欺の刑罰ページへ)

 

ストレス発散や儲かりそうという安易な発想で行うのは、人生を棒に振る行為なので止めましょう。

 

 

個人が対象の詐欺

身近なものだと食い逃げが該当します。
食い逃げが犯罪なのを知らない人は居ないでしょうが、詐欺に当たるのを知らない人は多いのではないでしょうか?

 

また、オークション等でサクラを使い値段を吊り上げる行為も詐欺に該当するので止めましょう。
男女の色恋沙汰を利用した詐欺も多くあり、結婚詐欺美人局がこれに該当します。

 

 

こうした詐欺は人間の業なのかもしれません。
人間が居る限り、大小はありつつも詐欺が無くなることは無いでしょう。
詐欺に対抗するには人を疑い、警戒心を持って生活しなければならないのです。